Japanese Forest

霧に包まれた森の奥深く 雨の囁きが響き
どこからともなく鹿の声が聞こえた
それら全てが、静寂へ溶けてゆく

Takumichi Seoが切り取る、美しい光の世界をお楽しみください

木々の狭間
木々の狭間

森を生きる鹿のように。木々の狭間から冬を見つめた。

月光の森
月光の森

ふわりと、月明かりが森を照らしていた。

サルオガセの森
サルオガセの森

風で、クマザサが揺れていた。 静かな、静かな、ささやきのように。

光の表裏
光の表裏

小さな世界に宿る、繊細な光。

秋風の通り道
秋風の通り道

長野で立ち寄った山奥の林道。美しい秋を眼に焼き付けながら進んでゆく。

森の住人
森の住人

長野を旅している時に出会った、忘れることのない光景。

古木の夢
古木の夢

初めて入る林道。幻想的な空気を纏う古木が佇む。

BLUE
BLUE

群馬県の山奥、私は美しい水面と出会った。天候により左右されるその色は気難しく、次々と表情を変える。

森の落し物
森の落し物

木々は冬支度をしていた。 風は葉を運び、葉は音を立てて重なる。

Sense
Sense

暗闇が訪れる前の一瞬の、幻想的な世界。

旅の途中
旅の途中

冷たい風が、白い吐息を運ぶ。 凍えるような寒さだ。 遠くから、聞き慣れない声が聞こえてきた。

落葉と氷
落葉と氷

冬の森。 凍てつく程に寒い世界に浮かぶ、淡い光を帯びた氷柱。

冬の記憶
冬の記憶

とても寒い、とある冬の日。 誰もいない森の中、静かに佇む木に目が留まった。

深い森の底
深い森の底

新緑の季節。暗い森の中に光が落ち、幼い葉が輝いていた。

余韻
余韻

心に衝撃と余韻を残す光景に出会、残す。